女性ドクター

ストレスを抱えている方は鬱病予備軍|ストレスチェックで判断できる

自律神経のバランスを保つ

カウンセリング

鬱病のきっかけは、自律神経のバランスが崩れることにあるといわれています。自律神経の異常を治すことで鬱病対策になるといえるでしょう。脳波や血液の流れをチェックすることで異常を見つけることができます。

もっと知ろう

正確な検査結果で判断する

眼鏡の男性ドクター

鬱病は、光トポグラフィー検査で調べることができます。質疑応答では曖昧だった判断基準も、光トポグラフィー検査では明確に判断できます。副作用も無く手間がかからない検査なので、事前に予約して検査を受けましょう。

もっと知ろう

初期症状は欲求が無くなる

病院

鬱病を疑うことで、未然に発病を防ぐことができます。初期症状の代表的なものとして、人間にある三大欲求の低下というものがあります。睡眠ができなかったり、食事が美味しいと感じなくなったりします。

もっと知ろう

治療の流れを把握する

笑顔の男性医師

鬱病は長い期間と多くの時間を要して治療しなくてはなりません。しっかりとした治療の流れを把握しておきましょう。ゆっくりと休養して、精神状態を落ち着けることも大事です。

もっと知ろう

種類によって治療法が違う

下を向くレディー

鬱病には様々な種類のものがあります。種類によって症状や治療法が違うので覚えておきましょう。間違った治療法を続けると効果がでない場合もあります。しっかりとした治療を受けるには医師の指示に従うことが大事です。

もっと知ろう

生活の中で抱え込まない

ハートを持つ医者

日常的にストレスを感じる方は多いでしょう。仕事でのストレスや、交友関係でのストレスなどが考えらます。現代社会はストレス社会といわれていて、ほとんどの方がストレスを抱えて生活しているといわれています。ストレスを溜めることにより、様々な体調不良を起こすことがあります。ストレスはあまり溜め過ぎないように心がけましょう。ストレスなどの精神的なダメージは、蓄積されても気づきにくいということがあります。体に大きな傷を受けるわけではありませんので、他者から見てもわかりませんし、自分自身も気づかないことがあります。精神的ダメージが爆発して体調が悪くなり、ストレスを溜めていたことに気づくことがほとんどです。日々の生活の中でストレスなどの精神的ダメージが必ず蓄積されます。身の回りに友人や家族がいる方は、愚痴などを吐くことで精神を落ち着かせることができます。話を聞いてもらうこと以外にも、独自のストレス発散方法を探して精神バランスを保つのが良いでしょう。ストレス解消ができないと、鬱病になってしまいます。精神の病といわれている病気で、多くの方が悩まされています。自分の心の問題なので、他者が完治させるのは難しい病気です。日常生活で心にゆとりを持つことで鬱病の防止になります。大きな悩み事や、ストレスを感じる環境にいる方は注意しましょう。鬱病は自分で気づかないことが多い病です。気分の落ち込む日が長く続いたり、体のだるさがとれなかったりという症状が出ている方は鬱病を疑いましょう。鬱病はストレスチェックやカウンセリングチェックで判断することができます。質問形式でチェック事項に複数心当たりがあると鬱病と判断されます。チェックを行っている専門のクリニックがあるので、調べてみましょう。鬱病は早期に対策することが大事な病です。悩み事やストレスを抱えている方は病の予備軍といわれています。誰しも急に病にかかる恐れがあるので、日々のストレスチェックをしっかり行うことで鬱病対策に繋がります。